まず売上を作るためにはどうしたらいいですか?

【1.アナリティクスをチェックする】
□GoogleAnalytics:https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

googleアナリティクスの④でgoogleとyahoo!からどれぐらいの訪問者数がきているのかをチェックしてください。
新規のお客様にサイトを知ってもらうためには、googleやyahoo!の検索サイトから訪問してもらうことが重要です。
※OPENしてから検索にかかるまで2週間~1ヶ月の時間が必要です

⑤のどんなキーワードから流入しているかも重要です。
よく検索されているキーワードからヒントを得てページを充実させたり、グーグルキーワードツールを使用して、効果的なキーワードを考えましょう。

□グーグルキーワードツール:https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

【2.SEOを強化する】
カゴラボには、標準の状態でSEOを十分に考慮した機能が備わっています。
カテゴリ管理のSEO部分や、商品登録画面の中の「詳細ページ用タイトル」、「キーワード」に
検索されそうなキーワードを意識して入力しておくことで、SEOの対策につながります。

詳細はFAQ内の右記を参考にしてください⇒あまりお金をかけずにSEOを強化できますか?

ブランド名にはカタカナも併記する(例:COLONY+iNTERACTIVE┃コロニーインタラクティブ)、効果的なキーワードを盛り込むなど工夫をしていきましょう。
実際に検索してみて、自店舗がどのように表示されるかのチェックもしてみるとよいでしょう。
他店舗がどんな風に表記をしているかも参考になるはずです。

【3.お店の場所を知ってもらう】
SEO対策をして効果をだすためには時間と労力が必要となります。
お客様に店舗の場所を早く知らせたいときには以下のような方法があります。

□無料のネットショップ登録サイトに登録する。
県や市町村で登録できる場合もあるので、探してみましょう

□低予算からはじめられるリスティング広告をだす
googleアドワーズ:http://www.google.co.jp/adwords/start/
yahooリスティング:http://listing.yahoo.co.jp/

□店頭で買われるお客様にもチラシでアピールする。

【4.情報を充実させる】
いくら訪問者数を増やしてもサイト内が充実していないと購入につながりません。
店舗と同じように「接客」に何が必要なのか、同じ商品を扱うサイトを見て、どのように工夫がされているかを見ていき自店舗を見直してみましょう。

□なるべく商品数を増やし、こまめに更新しましょう。(更新が少ないと、運営されているのか不安を与えます)
□安心して購入してもらえるように、お客様の視点で多くの情報を載せていきましょう
□ネットショップと店頭の違いは送料がかかる点です。詳細を載せ、納得してもらえるようにしましょう。
 また「送料一律○円」など、工夫をして送料の壁を少なくするのもよいかもしれません。
□「人気の証拠」を集めていきましょう・・・商品のよさをアピール、お客様の声など
□ネットショップでは実際に手にできない分、商品の写真が果たす役割は非常に大きくなります。
 暗い写真になってしまうと、魅力も半減してしまいます。
例)食品・・・美味しくみえるか、量(大きさ)がどのくらいかわかるか
  服飾・小物・・・色味は異ならないか、大きさがわかるか(バッグなど)、機能性・特徴など



よく読まれているFAQ